サーバ RAID 設定マニュアル ( 3 ware 製 RAID カード編 2 )

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 674
  • 公開日時 : 2008/02/06 11:05
  • 更新日時 : 2017/04/28 16:57
  • 印刷

サーバ RAID 設定マニュアル ( 3 ware 製 RAID カード編 2 )

回答

はじめに

この FAQ について

この FAQ では、3ware 製 RAID カード ( 9650シリーズ全般 ) 搭載システムにおける
RAID 設定マニュアル ( 編2 ) を説明します。

不具合の確認方法

不具合が発生した場合

RAID BIOS ( 再起動必須 ) から確認する。
  1. パソコンが既に起動している場合は再起動を行い、「 RAID BIOS 」 画面が表示されている間に
    [ Alt + 3キー ] で 「 BIOS 」 画面にログインします。
  2. アレイが破損している場合、「 Array Unit 」 番号の後に 「 DEGRADED 」 と表示されます。
  3. 「 Port 0 」 及び 「 Port 1 」 のハードディスク ( 以下 HDD ) が認識されているか確認してください。
    ※ HDD が認識されていない場合、該当 HDD に不具合が発生している可能性があります。
  4. RAID アレイの再構築を行って改善する場合もありますが、可能であれば再構築前に
    該当 HDD 単体での 動作チェックを行ってください。
3ware 3DM2 ( OS上 ) から確認する。
  1. 例:Windows Server 2003 R2 の場合
    例:Red Hat Enterprise Linux 4.0Red Hat Enterprise Linux 4.0 の場合
    「 3DM 」 のインストール方法は下記 FAQ をご参照ください。
    3ware 3DM2 インストール手順
  2. 「 Connect to 3DM2 」 を起動してください。
    ※ アレイが破損している場合、「 Summary 」 の ID 番号の後に 「 ERROR 」 と表示されます。
    ※ 「 Alarms 」 にエラー内容、「 Information 」>「 Unit Information 」 に現在の 「 Array 」 情報が表示されます。
  3. 「Drive Information 」 で各ポートの HDD が認識され、「 Status 」 が 「 OK 」 になっているか
    確認してください。
    ※ HDD が認識されていない、「 Status 」に異常がある場合、該当ポートの HDD に不具合が
    発生している可能性があります。
  4. RAID アレイの再構築を行って改善する場合もありますが、可能であれば再構築前に
    該当 HDD 単体での動作チェックを行ってください。
    ※ Linux 系 OS でコンソールから起動している場合は 「 cat / ver /messages tw 」 および 「 dmesg 」 コマンド等で エラーログをご参照ください。

対処方法

ハードディスクが故障したと思われる場合

ホットスワップ対応ドライブの場合、電源を落とさずに HDD の交換が可能です。
ご使用機器のホットスワップ対応状況については、ご購入店舗または担当営業までご確認ください。

RAID アレイ作成 / 再構築 ( リビルド ) 方法

RAID BIOS ( 再起動必須 ) から作成/再構築する。
パソコンが既に起動している場合は再起動を行い、「 RAID BIOS 」 画面が表示されている間に
[ Alt + 3キー ] で「 BIOS 」 画面に ログインします。

アレイ作成の場合
  1. 接続されている HDD が表示されるので 「 Enter 」 キーでRAIDアレイを構築する HDD を
    選択してください。
    ※ ポート番号の頭に「*」が表示された状態が選択状態になります 。
     「 Direct Attached 」 でフリーの HDD を一括して選択可能です。
  2. HDD 選択後、[ Tab ] キーでカーソル移動し [ Create Unit ] を選択してください。
  3. アレイ名称およびアレイのRAIDレベルを選択してください。
  4. 「 F8 」キー > 「 Y 」 キーで設定が保存され、再起動します。
アレイ再構築の場合
  1. 再構築を行う HDD と RAID アレイをそれぞれ [ Enterキー ] で選択してください。
    ※ 「 * 」 が表示された状態が選択された状態になります。
  2. HDD 及び RAID アレイ選択後、[ Rebuild Unit ] を選択してください。
  3. 「 F8 」キー > 「 Y 」キー で設定が保存され、再起動します。
3ware 3DM2 ( OS上 ) から再構築する。
  1. 「 Connect to 3DM2 」 を起動してください。
  2. 「 Management 」 タブの 「 Maintenance 」 から再構築を実行したいユニット ( アレイ ) を
    選択し、「 Rebuild Unit 」 をクリックしてください。
  3. リビルドを実行する HDD ( ポート番号 ) を選択し、[ OK ] をクリックしてください。
  4. 自動的に再構築が開始されます。

RAID アレイ削除方法

RAID BIOS ( 再起動必須 ) から削除する。
  1. パソコンが既に起動している場合は再起動を行い、「 RAID BIOS 」 画面が表示されている間に
    [ Alt + 3キー] で 「 BIOS 」 画面にログインします。
  2. すでに構築されている RAID アレイが表示されるので、「 Enterキー 」で削除する
    RAID アレイを選択してください。
    ※ 「 * 」 が表示された状態が選択状態になります。
  3. アレイ選択後、「 Delete Unit 」 を選択してください。
  4. 「 F8 」キー> 「 Y 」キー で設定が保存され、再起動します。
3ware 3DM2 ( OS上 ) から削除する。
  1. 「 Connect to 3DM2 」 を起動してください。
  2. 「 Management 」>「 Maintenance 」 から削除したいユニット ( アレイ ) を選択し、
    「 Delete Unit 」 をクリックして ください。
  3. [ OK ] をクリックするとアレイが削除されます。

ホットスペア ( 予備ディスク ) 設定方法

RAID BIOS ( 再起動必須 ) から設定する。
  1. パソコンが既に起動している場合は再起動を行い、「 RAID BIOS 」 画面が表示されている間に
    「 Alt + 3キー 」 で 「 BIOS 」 画面にログインします。
  2. ホットスペアに設定したい HDD を選択し、[ Sキー ] で設定が切り替え可能です。
    ※ ドライブ表示の最後に 「 Hot Spare 」 が表示された状態が設定状態になります。
  3. 「 F8 」キー > 「 Y 」キーで設定が保存され、自動的に再起動します。
3ware 3DM2 ( OS上 ) から設定する。
  1. 「 Connect to 3DM2 」 を起動してください。
  2. 「 Management 」 タブの 「 Maintenance 」 からホットスペアに設定したい HDD を選択し、
    [ Create Unit ] をクリック してください。
  3. 「 Type 」 を [ Hot Spare ] に設定し、[ OK ] をクリックしてください。

アンケートにご協力ください
ご意見・ご感想をお寄せください

※アンケートに対する回答は行っておりません。
お問い合わせは下記のサポート窓口をご利用ください。

FAQにて解決しなかった場合はこちらまで

弊社製品及び弊社購入製品ご利用にてFAQで解決しなかった場合は、下記へお問い合わせください。
※お問合せの際、【 FAQ番号: を見た 】とお伝えいただければ、スムーズにご案内できます。

パソコンのサポート

サードウェーブサポートセンター
  • 電話番号:03-4332-9193
  • 受付時間:24時間年中無休
お問い合わせの際はパソコンの製造番号をご用意ください。
THIRDWAVE ・ Diginnos ・ Prime 製造番号の記載場所について

パーツ周辺機器のサポート ・ Dospara Club Members ・ セーフティサービス

ドスパラ商品コンタクトセンター
  • 電話番号:03-4332-9194
  • 受付時間:9:00~21:00
お問合せの際、通販をご利用の場合はメールに記載のご注文番号、
店舗でご購入の場合はレシートに記載の伝票番号をご用意ください。

メール問い合わせ