インターネットに接続できない場合の確認方法

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1150
  • 公開日時 : 2009/06/05 16:41
  • 更新日時 : 2019/11/18 16:46
  • 印刷

インターネットに接続できない場合の確認方法

回答

はじめに

この FAQ について

この FAQ では、OS ごとにインターネットに接続できない場合の確認方法を説明します。
この FAQ は、Windows 10 Pro バージョン 1607 で作成しています。
Windows 10 バージョン 1909 も同じ手順であることを確認しておりますが、
表示される手順や画面が異なることがございます。

バージョンの確認手順は、下記の FAQ を参照ください。

操作手順

Windows 10、 Windows 8.1

パケットが送受信されていることを確認します。
  1. [ スタート ] を右クリックし、表示されたクイックアクセスメニューから [ ネットワーク接続(W) ] をクリックします。
  2. ネットワーク接続が表示されます。[ イーサネット ] をダブルクリックします。
    ※ [ イーサネット ] の表示がない場合は、下記 「 デバイスマネージャーで確認します 」 の手順を参照し、ドライバーの有無を確認して下さい。
  3. 「 イーサネット 」 の状態が表示されます。
    メディアの状態が 「 有効 」 になっていることを確認します。
    ※ 動作状況欄でパケット数が増加しているようであれば、ハードウェア的な故障の可能性は低く、ソフトウェアの不具合の可能性が高くなります。
    他に OS の機能においてファイアウォールが誤動作している可能性が考えられますので、以下の手順に沿って確認してください。
ファイアウォールを一時的に無効にします。
  1. [ スタート ] を右クリックし、表示されたクイックアクセスメニューから [コントロールパネル(P) ] をクリックします。
  2. 「 コントロールパネル 」 が表示されます。表示方法が 「 カテゴリ 」 になっていることを確認し、[ システムとセキュリティ ] をクリックします。
  3. 「 システムとセキュリティ 」 が表示されます。[ Windows ファイアウォール ] をクリックします。
  4. 「 Windows ファイアウォール 」 が表示されます。
    [ Windows ファイアウォールの有効化または無効化 ] をクリックします。
  5. 「 設定のカスタマイズ 」 が表示されます。
    「 ◎ Windows ファイアウォールを無効にする ( 推奨されません ) 」 にチェックを付け、
    [ OK ] をクリックします。
    他にウイルススキャンソフトやファイアーウォール等のアプリケーションをご利用の場合も発生する事例があります。
    該当する場合は、一時的に無効に設定し、改善するかご確認ください。
    改善するようであれば、アプリケーションに起因する不具合となりますので、回避方法の詳細はアプリケーションメーカー様にご確認ください。
デバイスマネージャーで確認します。
  1. [ スタート ] を右クリックし、表示されたクイックアクセスメニューから
    [ デバイスマネージャー(M) ] をクリックします。
    ※「 ユーザーアカウント制御 」 の表示が出た場合は続行します。
  2. 「 デバイスマネージャー 」 が表示されます。
    「 ネットワークアダプター 」 が 「 ? 」 や 「 ! 」 等の記号になっている場合は、ドライバーが適用されていない、または欠落している状態です。
    製品付属のドライバー CD より、LAN ドライバーの導入を実施し、改善するかを確認します。
  3. 「 デバイスドライバー 」 に異常がない場合には以下の手順に沿って LAN の動作を確認します。
LAN の動作を確認します。
  1. [ スタート ] を右クリックし、表示されたクイックアクセスメニューより [ コマンド プロンプト(C) ] をクリックします。
  2. 「 コマンド プロンプト 」 が表示されます。
    [ ipconfig /all ] と入力し、[ Enter ] キーを押します。
    イーサネット アダプターの項目を確認します。
    ・物理アドレスの項目が 「 FF 」 や 「 00 」 で埋められている場合は、LAN の故障です。

    ・IPv4アドレスが、「 169.254.*.* ( *はランダム ) 」 と表示される場合は、正しく IP アドレスを取得できていない状態です。

    ・物理アドレスの項目が 「 FF 」 や 「 00 」 で埋められていない状態でドライバーが導入されている場合は、ハードウェアの不具合ではありません。

    ・モデム、またはルーターをご利用の場合は、DHCP の開放に時間がかかるために
    30 分ほどモデムの電源を切り、再接続します。
モデム、ルーターに再接続します。
  1. モデムとルーターの電源を切ります。すべての LAN ケーブルを外します。
    ※モデムの電話線は外す必要はありません。
  2. 30 分後にモデムのみ電源を入れ、ルーターに LAN ケーブルを接続します。
  3. 5 分ほど経過したらルーターの電源を入れ、PC に LAN ケーブルを接続します。
  4. 更に 5 分ほど経過したら PC を起動します。
  5. ご利用のブラウザーを起動してインターネットの閲覧が可能か確認します。
    ※ルーターの設定画面に入る必要はありません。
  • 上記の作業にて改善しない場合は、プロバイダーの設定に問題のある可能性が
    あります。ご契約のプロバイダーへお問い合わせいただきますよう、お願いいたします。

Windows 7

パケットが送受信されていることを確認します。
  1. [ スタート ] → [ コントロールパネル ] → [ ネットワークの状態とタスクの表示 ] の順にクリックします。
  2. 「 ネットワークと共有センター 」 が表示されます。「 ローカルエリア接続 」 があることを確認します。
    ※表示がない場合は、下記 「 デバイスマネージャーで確認します 」 の手順を参照し、ドライバーの有無を確認してください。
    確認後、[ アダプターの設定の変更 ] をクリックします。
  3. 「 ネットワーク接続 」 が表示されます。 [ ローカルエリア接続 ] をダブルクリックします。
  4. 「 ローカルエリア接続の状態 」 が表示されます。
    ローカルエリア接続の状態が 「 有効 」 になっていることを確認します。
    動作状況欄でパケット数が増加しているようであれば、ハードウェア的な故障の
    可能性は低く、ソフトウェアの不具合の可能性が高くなります。 他に OS の機能に
    おいてファイアウォールが誤動作している可能性が考えられますので、以下の手順に
    沿って確認します。
ファイアウォールを一時的に無効にします。
  1. [ スタート ] → [ コントロールパネル ] → [ システムとセキュリティ ] の順にクリックします。
  2. 「 システムとセキュリティ 」 が表示されます。[ Windows ファイアウォール ] をクリックします。
  3. 「 Windows ファイアウォール 」 が表示されます。
    [ Windows ファイアウォールの有効化または無効化 ] をクリックします。
  4. 「 設定のカスタマイズ 」 が表示されます。
    「 ◎ Windows ファイアウォールを無効にする(推奨されません) 」 にチェックを付け、[ OK ] をクリックします。
    他にウイルススキャンソフトやファイアーウォール等のアプリケーションをご利用の場合も発生する事例があります。
    該当する場合は、一時的に無効に設定し、改善するかご確認ください。
    改善するようであれば、アプリケーションに起因する不具合となりますので、回避方法の詳細はアプリケーションメーカー様にご確認ください。
デバイスマネージャーで確認します。
  1. [ スタート ] をクリックし、[ コンピューター ] を右クリックします。
    表示された一覧から [ プロパティ ] をクリックします。
    「 システム 」 が表示されるので左側のメニューから [ デバイスマネージャー ] をクリックします。
    ※ 「 ユーザーアカウント制御 」 の表示が出た場合は続行します。
  2. 「 デバイスマネージャー 」 が表示されます。
    「ネットワークアダプター」 が 「 ? 」 や 「 ! 」 等の記号になっている場合は、ドライバーが適用されていない、または欠落している状態です。
    製品付属のドライバー CD より、LAN ドライバーの導入を実施し、改善するかを確認します。
  3. デバイスドライバーに異常がない場合には以下の手順に沿って LAN の動作を確認します。
LAN の動作を確認します。
  1. [ スタート ] をクリックし、「 プログラムとファイルの検索 」 ボックスに 「 CMD 」 と入力します。
  2. 検索結果一覧より [ cmd.exe (コマンド プロンプト) ] をクリックします。
  3. コマンド プロンプトが表示されます。「 ipconfig /all 」 と入力し、[ Enterキー ] を押します。
    画面の中段に 「 物理アドレス 」 の項目が表示されます。
    ・物理アドレスの項目が 「 FF 」 や 「 00 」 で埋められている場合は、LAN の故障です。

    ・IPv4 アドレスが、「 169.254.*.* ( * はランダム ) 」 と表示される場合は、正しく IP アドレスを取得できていない状態です。

    ・物理アドレスの項目が 「 FF 」 や 「 00 」 で埋められていない状態でドライバーが導入されている場合は、ハードウェアの不具合ではありません。

    ・モデム、またはルーターをご利用の場合は、DHCP の開放に時間がかかるために 30 分ほどモデムの電源を切り、再接続します。
モデム、ルーターに再接続します。
  1. モデムとルーターの電源を切ります。すべての LAN ケーブルを外します。
    ※モデムの電話線は外す必要はありません。
  2. 30 分後にモデムのみ電源を入れ、ルーターに LAN ケーブルを接続します。
  3. 5 分ほど経過したらルーターの電源を入れ、PC に LAN ケーブルを接続します。
  4. 更に 5 分ほど経過したら PC を起動します。
  5. ご利用のブラウザーを起動してインターネットの閲覧が可能か確認します。
    ※ルーターの設定画面に入る必要はありません。
  • 上記の作業にて改善しない場合は、プロバイダーの設定に問題のある可能性があります。
    ご契約のプロバイダーへお問い合わせいただきますよう、お願いいたします。

Windows Vista

パケットが送受信されていることを確認します。
  1. [ スタート ] → [ コントロールパネル ] → [ ネットワークの状態とタスクの表示 ] の順にクリックします。
  2. 「 ネットワークと共有センター 」 が表示されます。
    「 ローカルエリア接続 」 があることを確認します。
    ※表示がない場合は、下記 「 デバイスマネージャーで確認します 」 の手順を参照し、ドライバーの有無を確認してください。
    確認後、[ ネットワーク接続の管理 ] をクリックします。
  3. 「 ネットワーク接続 」 が表示されます。 [ ローカルエリア接続 ] をダブルクリックします。
  4. ローカルエリア接続の状態が表示されます。
    ローカルエリア接続の状態が 「 有効 」 になっていることを確認します。
    動作状況欄でパケット数が増加しているようであれば、ハードウェア的な故障の可能性は低く、ソフトウェアの不具合の可能性が高くなります。
    他に OS の機能においてファイアウォールが誤動作している可能性が考えられますので、以下の手順に沿って確認します。
ファイアウォールを一時的に無効にします。
  1. [ スタート ] → [ コントロールパネル ] → [ セキュリティ ] の順にクリックします。
  2. 「 セキュリティ 」 が表示されます。「 Windows ファイアウォール 」 欄の [ Windows ファイアウォールの有効化または無効化 ] をクリックします。
  3. 「 ファイアウォールの設定 」 が表示されます。「 ◎ 無効(推奨されません) 」 にチェックを付け、[ OK ] をクリックします。
    他にウイルススキャンソフトやファイアーウォール等のアプリケーションをご利用の場合も発生する事例があります。
    該当する場合は、一時的に無効に設定し、改善するかご確認ください。
    改善するようであれば、アプリケーションに起因する不具合となりますので、回避方法の詳細はアプリケーションメーカー様にご確認ください。
デバイスマネージャで確認します。
  1. [ スタート ] をクリックし、[ コンピューター ] を右クリックします。表示された一覧から [ プロパティ ] をクリックします。
    左側のメニューから [ デバイスマネージャー ] をクリックします。
    ※ 「 ユーザーアカウント制御 」 の表示が出た場合は続行します。
  2. 「 デバイスマネージャ 」 が表示されます。
    「ネットワークアダプタ 」 が 「 ? 」 や 「 ! 」 等の記号になっている場合は、ドライバーが適用されていない、または欠落している状態です。
    製品付属のドライバー CD より、LAN ドライバーの導入を実施し、改善するかを確認します。
  3. デバイスドライバーに異常がない場合には以下の手順に沿って LAN の動作を確認します。
LAN の動作を確認します。
  1. [ スタート ] をクリックします。「 プログラムとファイルの検索 」 ボックスに「 CMD 」 と入力し、 検索結果一覧より [ cmd.exe (コマンド プロンプト) ] をクリックします。
  2. 「 コマンド プロンプト 」 が表示されます。「 ipconfig /all 」 と入力し、[ Enterキー ] を押します。 画面の中段に 「 物理アドレス 」 の項目が表示されます。
    ・物理アドレスの項目が 「 FF 」 や 「 00 」 で埋められている場合は、LAN の故障です。

    ・IPv4アドレスが、「 169.254.*.* ( *はランダム ) 」 と表示される場合は、正しく IP アドレスを取得できていない状態です。

    ・物理アドレスの項目が 「 FF 」 や 「 00 」 で埋められていない状態でドライバーが導入されている場合は、ハードウェアの不具合ではありません。

    ・モデム、またはルーターをご利用の場合は、DHCP の開放に時間がかかるために 30 分ほどモデムの電源を切り、再接続します。
モデム、ルーターに再接続します。
  1. モデムとルーターの電源を切ります。すべての LAN ケーブルを外します。
    ※モデムの電話線は外す必要はありません。
  2. 30 分後にモデムのみ電源を入れ、ルーターに LAN ケーブルを接続します。
  3. 5 分ほど経過したらルーターの電源を入れ、PC に LAN ケーブルを接続します。
  4. 更に 5 分ほど経過したら PC を起動します。
  5. ご利用のブラウザーを起動してインターネットの閲覧が可能か確認します。
    ※ルーターの設定画面に入る必要はありません。
  • 上記の作業にて改善しない場合は、プロバイダーの設定に問題のある可能性があります。
    ご契約のプロバイダーへお問い合わせいただきますよう、お願いいたします。
 

アンケートにご協力ください
ご意見・ご感想をお寄せください

※アンケートに対する回答は行っておりません。
お問い合わせは下記のサポート窓口をご利用ください。

FAQにて解決しなかった場合はこちらまで

弊社製品及び弊社購入製品ご利用にてFAQで解決しなかった場合は、下記へお問い合わせください。
※お問合せの際、【 FAQ番号: を見た 】とお伝えいただければ、スムーズにご案内できます。

パソコンのサポート

サードウェーブサポートセンター
  • 電話番号:03-4332-9193
  • 受付時間:9:00~21:00
お問い合わせの際はパソコンの製造番号をご用意ください。
Diginnos・Prime No.(デジノス・プライム製造番号)について

パーツ周辺機器のサポート ・ Dospara Club Members ・ セーフティサービス

ドスパラ商品コンタクトセンター
  • 電話番号:03-4332-9194
  • 受付時間:9:00~21:00
お問合せの際、通販をご利用の場合はメールに記載のご注文番号、
店舗でご購入の場合はレシートに記載の伝票番号をご用意ください。

メール問い合わせ