• No : 4938
  • 公開日時 : 2016/07/26 18:10
  • 更新日時 : 2017/04/25 18:05
  • 印刷

モバイルモニター DG-NP09D のファームウェア更新方法

回答

はじめに

この FAQ について

この FAQ では、モバイルモニター DG-NP09D のファームウェア更新方法を説明します。

 モバイルモニター DG-NP09D Ver.3.2 の更新内容は以下の通りです。
  • 720P 機器へのズーム表示機能を最適化
  • スリープ機能 自動復帰機能を追加
  • アスペクト比の選択を最適化
  • 表示範囲外の色を黒色に変更
  • OSD 表記の最適化
  • LED 点灯パターン変更

事前準備

ファームウェアの更新には、USB フラッシュメモリが必要です。
事前に 4 MB 以上の空き容量のある USB フラッシュメモリをご用意ください。

インストールされているファームウェアの見分け方

  • 旧ファームウェア
    充電中 LED が赤点灯します。
    入力信号なしの状態で、すぐにスリープしません。
  • ファームウェア Ver. 3.2
    充電中 LED が赤点滅します。
    入力信号なしの状態で、1 秒程度でスリープ動作します。

注意事項

本製品のファームウェア更新は、電源ケーブルを接続した状態では行えない様に設計されています。
作業を行う際は、バッテリーを 50% 以上充電した状態にし電源ケーブルを抜いた状態にしてください。
手順 4 ~ 手順 6 の更新作業中に USB フラッシュメモリを抜かないでください。

操作手順

モバイルモニター DG-NP09D のファームウェア更新

  1. 以下よりファームウェアをダウンロードしてください。

    MERGE.bin

  2. USB フラッシュメモリの Root フォルダー ( ドライブを開いた時の初期フォルダ ) にコピーします。
  3. 本体の電源を切った状態でメンテナンス端子 ( USB端子 ) に、ファームウェアをコピーした
    USB フラッシュメモリを接続します。
    次の作業を行う前にバッテリーを80%以上充電した状態にし、電源ケーブルを抜いた状態に
    してください。
  4. 本体の電源ボタンを長押しします。
    電源ライトが赤青に切替点滅をしたら電源ボタンを放します。
  5. しばらくすると電源ライトが点滅から点灯に切り替わり、ファームウェアの更新が開始します。
    そのまま作業完了を待ちます。
  6. ファームウェアの更新が完了すると本体が起動状態に移行し、製品のロゴが画面に表示されます。
    USB ラッシュメモリを抜いて更新作業は完了です。