• No : 7205
  • 公開日時 : 2017/06/27 12:49
  • 更新日時 : 2017/07/26 14:11
  • 印刷

パソコン初回起動時やリカバリー実行後のセットアップ ( タブレット ) ( Windows 10 バージョン 1703 )

対象OS Windows 10
バージョン 1703
対象製品 タブレット
カテゴリー : 

回答

はじめに

この FAQ について

この FAQ では、パソコン初回起動時やリカバリー実行後のセットアップの方法を説明します。

初めて起動した際やリカバリー実行後は、ご利用環境を設定 ( セットアップ ) する必要があります。
下記手順にしたがってセットアップし、パソコンを使用できる状態にします。
セットアップには 10 分程度かかりますが、最後まで電源を切らずに設定を進めてください。
この FAQ では、Windows 10 Pro バージョン 1703 タブレットモード で操作する方法を説明します。
他のバージョンでは、表示される手順や画面が異なることがございます。

バージョンの確認手順、タブレットモードの変更手順は、下記の FAQ を参照ください。

操作手順

パソコン初回起動時やリカバリー実行後のセットアップの手順

  1. 「 こんにちは!コルタナと申します。 」 が表示されます
    ご使用の PC がマイク内蔵している、またはマイクを PC に接続して いる場合、Cortana 機能が有効となり、マイクからの音を検知し、 設定を自動的に進めてしまう場合があります。
    マイクを使用しない場合は、マイクを無効に設定します。
  2. 「 地域から開始しましょう。よろしいですか? 」 が表示されます。
    お住まいの地域を確認し、 [ はい ] をタップします。
  3. 「 これは適切なキーボードレイアウトですか? 」 が表示されます。
    お使いのキーボードを確認し、 [ はい ] をタップします。
  4. 「 2 つ目のキーボードレイアウトを追加しますか? 」 が表示されます。
    必要な場合は、追加します。
    ここでは例として、 [ スキップ ] をタップします。
    PC がインターネットに接続されていない場合は、手順 5 へ
    PC がインターネットに接続されている場合は、手順 6 へ
  5. PC がインターネットに接続されていない場合
    1. 「 ネットワークに接続しましょう 」 が表示されます。
      [ 今はスキップ ] をタップします。
      プロバイダーからの設定情報をご用意されている場合は、ここで設定します。
       
    2. 「 この PC を使うのはだれですか? 」 が表示されます。
      名前を入力し、 [ 次へ ] をタップします。
    3. 「 確実に覚えやすいパスワードを作成します 」 が表示されます。
      パスワードを入力し、 [ 次へ ] をタップします。
    4. 「 パスワードの確認 」 が表示されます。
      名前を入力し、 [ 次へ ] をタップします。
    5. 「 パスワード ヒントの追加 」 が表示されます。
      名前を入力し、 パスワード ヒントを入力し、 [ 次へ ]を タップします。
  6. PC がインターネットに接続され、すでに Microsoft アカウントをお持ちの場合
    1. ネットワーク設定タブにて、 「 接続が完了しました。・・・・・ 」 が表示された後、アカウント設定タブへ遷移します。
    2. 「 Microsoft でサインイン 」 が表示されます。
      Microsoft アカウント用メールアドレスを入力し、 [ 次へ ] をタップします。
    3. 「 パスワードの入力 」 が表示されます。
      Microsoft アカウント用メールアドレスのパスワードを入力し、 [ 次へ ] をタップします。
    4. 「 PIN のセットアップ」 が表示されます。
      [ 後でこの操作を行う ] タップします。
    5. 「 OneDrive にファイルを保存しますか。」 が表示されます。
      ここでは、[ はい ] タップします。
    PC がインターネットに接続され、Microsoft アカウントをお持ちではない場合
    1. ネットワーク設定タブにて、「 接続が完了しました。・・・・・ 」 が表示された後、 アカウント設定タブへ遷移します。
    2. 「 Microsoft でサインイン 」 が表示されます。
      [ アカウントの作成] 、 [ 次へ ] の順にタップします。
    3. 「 アカウントを作成しましょう 」 が表示されます。
      Microsoft アカウント用にご用意のメールアドレスを入力し、 [ 次へ ] をタップします。
      メールアドレスをお持ちでない場合は、こちらの画面左下の [ 新しいメール アドレスを取得 ] をタップし、メールアドレスを作成することができます。
      画面は、改めて手順 d から始まります。
    4. 「 パスワードの作成 」 が表示されます。
      任意のパスワードを入力し、 [ 次へ ] をタップします。
    5. 「 国と生年月日を入力してください 」 が表示されます。
      それぞれ選択し、 [ 次へ ] をタップします。
    6. 「 セキュリティ情報の追加 」 が表示されます。
      電話番号を入力いただき ( または画面左下の [ 代わりに連絡用メールアドレスを追加 ] をタップし、メールアドレスを入力 ) 、 [ 次へ ] をタップします。
    7. 「 最も関連性のあるものを参照する 」が表示されます。
      任意で選択し、 [ 次へ ] をタップします。
    8. 「 お客様の ID の確認にご協力ください 」 が表示されます。
      手順 g で入力した電話番号またはメールアドレスを入力し、 [ コードの送信 ] をタップします。
      マイクロソフトよりアクセスコードが、ご指定の電話番号またはメールアドレスに送信されます。
      受信したアクセスコード入力し、 [ 次へ ] をタップします。
      手順 5 項 b に遷移します。 画面の指示に従い手順を進めます。
  7. 「 Cortana をパーソナル アシスタントとして指定しますか? 」 が表示されます。
    [ はい ] をタップします。
  8. 「 デバイスのプライバシー設定の選択 」 が表示されます。
    [ 同意 ] をタップします。
    設定作業が完了して、最終処理が完了すると Windows が起動します。
  9. Windows のセットアップは、完了しました。
    PC がインターネットに接続されている場合、ネットワーク上の他の PC が、この PC を検出できるように設定する画面が表示されます。必要に応じて設定します。ここでは、 [ いいえ ] をタップします。

ライセンス認証 ( プロダクトアクティベーション ) を確認する

ライセンス認証はパソコンが、インターネットに接続していると自動で行われます。
(バージョン 1607 以降は、インターネットに接続していないとライセンス認証は行われません。)
以下の手順で「ライセンス認証」が正常に行われているか確認ができます。
  • リカバリー実行後は、リカバリー前のライセンス認証情報を引き継ぎます。
プロダクトアクティベーションとは
「 MicrosoftR Office 」 「 WindowsR XP 」 「 Windows VistaR 」 「 WindowsR 7 」 「 WindowsR 8.1 」 「 WindowsR 10 」
などに不正利用を防ぐ目的で導入されているライセンス認証技術です。
  1. Windows 10 を起動し、[ スタート ] → [ 設定 ] アイコンをタップします。
  2. 「 Windows の設定 」 の画面が表示されます。
    [ 更新とセキュリティー ] をタップして開きます。
  3. 「 更新とセキュリティ 」 の [ ライセンス認証 ] をタップします。
    「 Windows 」 欄の 「 ライセンス認証 」 項目で正しく認証されているか確認します。

ライセンス認証 ( プロダクトアクティベーション ) を行う

「 Windows のライセンス認証 」 欄に、 「Windows ライセンス認証サーバーに到達できません」などと
なっている場合はライセンス認証されていません。
通常は、インターネットに接続されていると自動的にライセンス認証されます。
例1:「 Windows ライセンス認証サーバに到達できません 」
例2:「 Windows はライセンス認証されていません 」

ライセンス認証されない場合は、以下の手順で確認します。
「 トラブルシューティング 」 を利用する
  1. 上図 [ トラブルシューティング ] をタップすると、
    「 このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか? 」 と表示されます。
    [ はい ] をタップします。
  2. 「 Windows のライセンス認証 」 が表示されます。
    ライセンス認証ができない問題を探していますので、しばらく待ちます。
  3. 「 トラブルシューティングが完了しました 」 と表示され、ライセンス認証されなかった原因が 記載されます。
    問題を解決し、ライセンス認証できているか確認します。

    ※ ライセンス認証されない原因は様々ですのでエラー内容の記載はそれぞれ異なります。
「 Windows Update 」 を利用する
  1. Microsoft Edge などブラウザソフトを起動し、インターネットに接続されていることを確認します。
  2. [ スタート ] → [ 設定 ] の順にタップします。
  3. 「 Windows の設定 」 が表示されます。
    [ 更新とセキュリティ ] をタップします。
  4. 「 Windows Update 」 が表示されます。
    [ 更新の確認 ] をタップします。
    「 Windows Update 」 が表示されていない場合は、
    [ Windows Update ] → [ 更新の確認 ] の順にタップします。
    アップデート中は画面の指示にしたがい、アップデートを完了させます。
    ライセンス認証 ( プロダクトアクティベーション ) を確認します。
  5. [ スタート ] → [ 設定 ] の順にタップします。
  6. 「 Windows の設定 」 が表示されます。
    [ 更新とセキュリティ ] をタップします。
  7. 「 Windows Update 」 が表示されます。 [ 回復 ] をタップします。
    「 回復 」 が表示されます。
    [ 今すぐ再起動する ] をタップします。
  8. 「 オプションの選択 」 が表示されます。 [ PC の電源を切る ] をタップします。
  9. PC を起動し、再度ライセンス認証 ( プロダクトアクティベーション ) を確認します。