• No : 2003
  • 公開日時 : 2012/10/18 18:16
  • 更新日時 : 2017/01/27 15:13
  • 印刷

Windows 8 搭載モデルを購入しましたが、PC-Doctor ( DOS ) が起動しません。

対象 OS Windows 8 64bit
対象製品 Diginnos / Prime パソコン
 
カテゴリー : 

回答

はじめに

この FAQ について

この FAQ では、Windows 8 搭載モデル PC-Doctor ( DOS ) 起動について説明します。

Windows 8 搭載モデルには BOOT 時間を短くするためや、セキュリティー対策のために、下記の 2 つの設定が、「 UEFI 」 で行なわれています。
※ 本設定は Windows 8 ( 64bit 版 ) の動作を最適化するためには有効ですが、DOS や 32bit 版の Windows
等が動作しません。
そのため、PC-Doctor が動作しません。
CSM ( Compatibility Support Module )
Disabled ( 無効 ) 設定
x86系の BIOS との互換性を保つための仕組みです。
CSM が動作することで DOS や 32bit の OS 等が動作するようになります。
Secure BOOT
Enabled ( 有効 ) 設定
パソコンの起動時に、デジタル署名がされていないソフトウェアの実行をできなくする技術です。
この技術によりウイルスなどの違法なソフトが Windows の起動前に実行されることを防ぎ、セキュリティを向上
させる技術です

事前確認

  • ASRock Z77 Extreme6 の設定方法を例に下記に記載します。
  • メーカーや型番の違いにより設定する場所や表記は相違があります。

操作手順

UEFI 設定の変更

ここでは、CSM / Secure BOOT を下記の設定に変更します。

   CSM ( Compatibility Support Module ) の一時的有効設定
   Secure BOOT 設定の一時的無効設定
  1. Windows 8 の再起動を行い、起動時に [ Delete ] キーを [ トントントン ] と断続的に押します。
    ※ Windows 8 はシャットダウン後の起動時には入ることができません。
  2. 「 UEFI 設定 」 画面が表示されます。
    [ Advanced ] を選択して、次に [ ACPI Configuration ] を選択します。
  3. 「 CSM 」 を [ Enabled ] に設定します。
  4. [ Security ] を選択し、「 Secure BOOT 」 を [ Disabled ] に設定します。
  5. 光学ドライブに 「 PC-Doctor 」 のメディアを入れます。
  6. 「 UEFIの設定 」 をSAVEして再起動します。
    右上 [ Exit ] → [ Save Changes and Exit ] → [ Yes ] の順に押します。
  7. 「 PC-Doctor 」 の起動を行います。
    起動時に 「 Press any key to boot from CD or DVD 」 が表示されましたら [ Enter ] キーを押して
    起動します。
  8. 「 PC-Doctor 」 が終わりましたら、上記の手順 1 ~ 4 項を繰り返し設定を元に戻します。

関連事項

関連 FAQ