• No : 1784
  • 公開日時 : 2010/11/05 11:14
  • 更新日時 : 2016/10/07 14:29
  • 印刷

Prime Note Cartina JS3 / Rigel DC2 のリカバリーをする方法

対象製品 Prime Note Cartina JS3
Prime Note Rigel DC2
カテゴリー : 

回答

はじめに

この FAQ について

この FAQ では、 Prime Note Cartina JS3 / Rigel DC2 のリカバリーをする方法についてを説明します。

事前確認

  • 本製品はハードディスクリカバリーを採用しているモデルとなりますので、Windows のメディアは
    付属されておりません。
  • リカバリーを行う為には、一度アカウントが作成されている必要があります。
  • リカバリーを行うと、「 Windows 」 フォルダの直下に、「 Windows.old 」 フォルダが作成され、
    以前のデータが保存されます。
    ※ データが必要なければ、リカバリー完了後にフォルダを削除してください。

操作手順

Prime Note Cartina JS3 / Rigel DC2 のリカバリーをする手順

  1. パソコンの電源を入れ、BIOS のロゴが表示されたときに [ F8 ] キーを断続的に押し、
    「 詳細ブートオプション 」 を起動します。
    画面の一番上に表示されている [ コンピューターの修復 ] を選択します。
  2. 「 キーボードの入力方式を選択してください」と表示されます。
    [ 日本語 ] を選択し [ 次へ(N) ] をクリックします。
  3. [ ユーザー名 ] を選択し [ OK(O) ] をクリックします。
    ※ ログインパスワードを設定している場合は、[ ユーザー名 ] の選択と [ パスワード ] を
    入力します。
  4. 「 回復ツールを選択してください 」 と表示されます。
    一番下の [ Windows の再インストール ] をクリックします。
  5. 「 Windows を再インストールしますか? 」 メッセージが表示されます。
    [ はい(Y) ] をクリックします。
  6. ファイルが展開され、セットアップが開始されます。
    セットアップ実行中に再起動がかかります。
    電源を切らずに作業が完了するのを待ちます。
  7. リカバリー作業が完了すると、通常のセットアップ画面が立ち上がります。
    アカウントなどを設定してください。
    ※Prime Note Rigel DC2ではHome Pemiumと表示されます。
  8. デスクトップが表示され、「 回復 」 メッセージが表示されます。
    ファイルの復元などが必要ない場合は、以上で作業完了です。

    事前に取ったバックアップメディアから、ユーザーファイルを復元する場合は項目 9 へ進みます。
  9. [ ファイルの復元 ] を選択します。
  10. 以降は、画面の案内で作業を進めてください。