• No : 1466
  • 公開日時 : 2010/03/27 14:18
  • 更新日時 : 2016/11/18 16:50
  • 印刷

組込用 Foxconn G31MX-K 2.0 ( G31 775 D2 GLAN mATX ) 搭載パソコンの出荷時 BIOS 設定

対象製品 Foxconn G31MX-K 2.0 搭載 Diginnos / Prime デスクトップパソコン
カテゴリー : 

回答

はじめに

この FAQ について

この FAQ では、組込用 Foxconn G31MX-K 2.0 ( G31 775 D2 GLAN mATX ) 搭載パソコンの出荷時 BIOS 設定を説明します。

事前確認

パソコンのパフォーマンスを引き出すため、CMOS クリア後 BIOS 設定を行ってください。
BIOS 操作はキーボードのみで、以下がキーボードの主な操作方法です。
  • [ ↑ ] [ ↓ ] [ → ] [ ← ] 方向キーで選択します。
  • [ Enter ] で決定します。
  • [ ESC ] でキャンセルします。
主な設定の意味は以下のとおりです。
  • [ Disabled ] → 無効にします。
  • [ Enabled ] → 有効にします。
  • [ None ] → 搭載していません。

操作手順

BIOS 起動方法

電源投入後 「 Foxconn 」 とロゴ画面が出るあたりで [ Delete ] キーを、「 CMOS Setup 」 が表示されるまで
「 トントントン 」 と断続的に押してください。

標準の設定変更箇所

Standard CMOS Features
  • Drive A …… [ None ]
    ※ FDD 搭載モデルは [ 1.44MB ] に変更してください。
  • 日付と時刻を修正
Advanced BIOS Features
  • First Boot Device …… [ CDROM ]
  • Second Boot Device …… [ Hard Disk ]
  • Third Boot Device …… [ Disabled ]
Integrated Peripherals
  • SuperIO Device
    • Onboard IrDA Port …… [ Disabled ]
Power Management Setup
  • Power Management Events
    • Wake-Up by PCI card …… [ Disabled ]
    • Wake Up On LAN …… [ Disabled ]
PC Health Status
  • Smart Fan Control …… [ Enabled ]

サウンドカードが搭載されている場合

サウンドカードが搭載されている場合は下記の項目を変更してください。
Integrated Peripherals
  • Onboard Device
    • HDA Audio Select …… [ ALL Disabled ]
すべての設定が終わったら、F10 [ Exit > > Exit & Save Changes ] ( Save & Exit Setup ) を実行し、パソコンを再起動します。

関連事項

関連 FAQ