3 ware RAID カード 7000 ・ 8000シリーズ エラーコード集 ( 3/3 )

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 788
  • 公開日時 : 2008/01/31 12:03
  • 更新日時 : 2017/04/28 16:13
  • 印刷

3 ware RAID カード 7000 ・ 8000シリーズ エラーコード集 ( 3/3 )

回答

はじめに

この FAQ について

この FAQ では、3 ware RAID カード 7000 ・ 8000 シリーズ エラーコード集 ( 3 / 3 ) を説明します。

エラーコード一覧

3 ware RAID カード 7000 ・ 8000 シリーズ エラーコード集

AEN 021h AEN_UDMA_DOWNGRADE
  • RAID コントローラは ATA ディスクと UDMA プロトコルを通じて通信します。
  • このプロトコルでは CRC により転送データの整合性を保証します。
  • RAID コントローラとディスク間でデータ障害が発生した場合 ( ケーブルによる通信
    障害等 ) に、RAID コントローラは UDMA CRC エラーまたはケーブルエラーとして判断
    します。
  • 同じスピードでリトライを 3回行い、フェイルした場合、ATA の通信速度を落とします。
    その通信速度を落とした際の通知 AEN です。
  • UDMA CRC エラーの原因は ATA インターフェイスケーブルの不良、断線またはノイズによ
    る通信速度の低下です。
AEN 023h AEN_SECTOR_REPAIR
  • RAID コントローラはダイナミックセクタリペアをサポートしています。
  • ダイナミックセクタリペアは少しのディスクエラーであれば冗長性を保ったまま補修を
    行ないます。
  • 冗長性のあるアレイでは大雑把に言うと同じデータが 2つある状態です。
  • もし、一方のデータを読み出し中にエラーが発生した場合、RAID コントローラはもう一方
    のコピーからデータを読み出しホストの要求に答えます。
  • そして、その読み出しに成功したデータがキャッシュにあるうちにそのデータを利用して、
    読み出せなかったディスクにデータを再書き込みし補修します。
    その補修が発生した際に通知される AEN です。
  • セクタリペアが起こったという事はディスクに不良セクタが内在する事を意味します。
  • 現行のディスクは数百の不良セクタに対して対処するように設計されていますが、不良セク
    タが発生し、リロケーションセクタのあるディスクには特別な注意が必要です。
  • リロケーションセクタの多いディスクはクラッシュする可能性が高いからです。
  • 30日以内に 3個以上のリロケーションセクタがある場合はディスクの即時交換をお勧めします。
AEN 024h AEN_SBUF_FAIL
  • RAID コントローラはデータの整合性確認の一環として内部 RAM の自己診断機能があります。
  • RAID コントローラは 1日に 1度キャッシュメモリの自己診断テストを行ないます。
  • この AEN は RAID コントローラ上のハードウェア部品の障害を通知しています。
AEN 025h AEN_LOST_CACHED_WRITE
  • RAID コントローラは性能改善のためにキャッシュを使用設定することができます。
  • これはデータがディスクに書き込まれる前に書き込みオペレーションの完了を通知する
    ことになります。
  • ホストに対して RAID コントローラがデータ書き込みを通知した後、ディスクから書き込み
    完了の信号が返ってこない際に、この AEN が通知されます。
  • 通常 「 Lost Chached Write 」 はアレイデータの重大な障害を意味します。
AEN 026h AEN_DRIVE_ECC_ERROR
  • RAID コントローラのコマンドに対してディスクが ECC エラーを返した際に、この AEN が
    通知されます。
  • この AEN は必ずしもホストのコマンドに対して通知されるとは限りません。
  • 例えば、バックグラウンドのメディアスキャンの際、検知された ECC エラーはすべてこの
    AEN を通知します。
  • ディスクの ECC エラーはそのディスクに不良セクタが増えている事を意味します。
  • 冗長性のあるアレイではダイナミックセクタリペアが施された場合が多いです。
  • 冗長性の無い構成の場合はホストコマンドに対してディスクの ECC エラーによりフェイル
    ステータスを返します。
AEN 027h AEN_DCB_XSUM_ERROR
  • RAID コントローラはディスクの DCB ( Disk Configuration Block ) にアレイの構成パラ
    メータを保存しています。
  • 電源投入時の起動確認として RAID コントローラはDCBのサムチェックを確認し継続性を
    保証します。
  • この AEN はその過程でエラーが発生した事を意味します。
AEN 028h AEN_DCB_BAD_VERSION
  • RAID コントローラはバージョンが上がる過程で新しい機能をサポートするために異なる
    バージョンの DCB を使用します。
  • RAID コントローラの要求する DCB とディスクの DCB は同一である必要があります。
  • 古い RAID カードで構成したアレイをそのままに新バージョンの RAID カードに移植する
    際に、この AEN が通知されディスクがリジェクトされます。
AEN 029h AEN_VERIFY_STARTED
  • RAID コントローラはユーザー起動のアレイデータの整合性確認 ( Verify ) をサポートして
    います。
  • Verify がスタートした際に、この AEN が発行されます。
    RAIDレベルごとの意味は以下の通りです。
    • JBOD …… メディアスキャン
    • RAID0 …… メディアスキャン
    • RAID1 …… ミラーのコンペア
    • RAID10 …… ミラーのコンペア
    • AID5 …… パリティデータ=ユーザーデータ
AEN 030h AEN_DRIVE_NOT_SUPPORTED
  • 3ware 8000 シリーズはパラレル ATA ディスクを接続した場合は UDMA100 / 133 のみの
    サポートとなります。
  • ディスクへのロールコール時及びホットスペアを追加した際に UDMA100 / 133 以外の
    非サポートディスクが検知された場合に、この AEN が通知されます。
AEN 0FFh AEN 0FFh AEN_QUEUE_FULL
  • 内部エラーを意味する AEN です。
    下記のドスパラ商品コンタクトセンターまでご連絡ください。

関連事項

関連 FAQ

アンケートにご協力ください
ご意見・ご感想をお寄せください

※アンケートに対する回答は行っておりません。
お問い合わせは下記のサポート窓口をご利用ください。

FAQにて解決しなかった場合はこちらまで

弊社製品及び弊社購入製品ご利用にてFAQで解決しなかった場合は、下記へお問い合わせください。
※お問合せの際、【 FAQ番号: を見た 】とお伝えいただければ、スムーズにご案内できます。

パソコンのサポート

サードウェーブサポートセンター
  • 電話番号:03-4332-9193
  • 受付時間:24時間年中無休
お問い合わせの際はパソコンの製造番号をご用意ください。
THIRDWAVE ・ Diginnos ・ Prime 製造番号の記載場所について

パーツ周辺機器のサポート ・ Dospara Club Members ・ セーフティサービス

ドスパラ商品コンタクトセンター
  • 電話番号:03-4332-9194
  • 受付時間:9:00~21:00
お問合せの際、通販をご利用の場合はメールに記載のご注文番号、
店舗でご購入の場合はレシートに記載の伝票番号をご用意ください。

メール問い合わせ