回復ドライブを使用して Windows を再インストールする方法 ( タブレット ) ( Windows 10 )

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4439
  • 公開日時 : 2016/06/14 12:35
  • 更新日時 : 2018/10/24 13:44
  • 印刷

回復ドライブを使用して Windows を再インストールする方法 ( タブレット ) ( Windows 10 )

対象 OS Windows 10
対象製品 タブレット
 
カテゴリー : 

回答

はじめに

この FAQ について

この FAQ では、回復ドライブを使用してタブレットに Windows を再インストールする方法を説明します。
この FAQ は、Windows 10 Pro バージョン 1803 をタブレットで操作する方法を作成しています。
他のバージョンでは、表示される手順や画面が異なることがございます。

バージョンの確認手順は、下記のFAQを参照ください。

事前確認

  • この作業を行うには、回復ドライブを事前に作成しておく必要があります。
    回復ドライブの作成方法は下記の FAQ を参照してください。
  • この作業では、起動時にファンクションキーの操作が必要となる場合があるため 「 USB マウス 」 と 「 USB キーボード 」を接続します。
    USB ポートがひとつのときは、USB ハブが必要です。
  • デバイスの暗号化をオン ( 有効 ) にしている場合は、BitLocker 回復キーをご用意いただくか、
    デバイスの暗号化をオフ ( 無効 ) にします。

注意事項

  • 回復ドライブは、USB 2.0 規格 USB フラッシュメモリーのご使用を推奨します。
    一部の USB 3.0 規格の USB フラッシュメモリーを USB 3.0 ポートに接続しシステム復元等を行った場合、 USB フラッシュメモリー内に復元を試みて失敗する事例が報告されています。
    やむを得ず USB 3.0 規格の USB フラッシュメモリーをご使用の際は、USB 2.0 ポートに接続または USB 2.0 規格の USB ハブを介して接続します。
  • インストールしたアプリケーションソフトやメールの履歴などお客様が作成したデータは、
    他のメディアや外付けハードディスクへ必ずバックアップをお取りください。
    「 再インストール 」 の実行によりハードディスクの内容は消去され、工場出荷時の状態に戻ります。

操作手順

回復ドライブを使用して Windows を再インストールする手順

    ※ここの手順では、基本的に 「 キーボード / マウス 」 を接続した環境でタブレット操作を行います。
    操作説明の中で 「 タップする 」 の表現は 「 クリックする 」 と同義語に読み替えてください。
  1. 該当のタブレットで事前に作成した、「 回復ドライブ ( USB フラッシュメモリー ) ] をUSBポートに接続し [ 電源 ] を入れます。
  2. 「 キーボード レイアウトの選択 」 が表示されます。
    [ Microsoft IME ] をタップします。
    ※自動的に 「 回復ドライブ 」 から起動しない ( 「 キーボード レイアウトの選択 」画面が表示されない ) 場合は、 手動で起動します。

    ■手動で起動する方法
    1. タブレットの起動後、ロゴ表示と同時にファンクション キー [ F7 ] を連打します。
    2. 「 Please select boot device ( ブートセレクト ) 」 画面が表示されます。
    3. 「 UEFI: USB ドライブ 」 ( ここでは例として、[ KingstonDataTraveler... ] ) をダブルクリックします。
    ※ タブレットの機種により使用するファンクションキーは異なる場合があります。
  3. 「 オプションの選択 」 が表示されます。
    [ トラブルシューティング ] をタップします。
  4. トラブルシューティングが表示されます。
    [ ドライブから回復する ] をタップします。
  5. 「 ドライブから回復する 」 が表示されます。
    [ ファイルの削除のみ行う ] をタップします。
  6. 「 準備しています 」 の表示後、「 再インストール 」 処理に関する注意項目が表示されます。
    内容を確認し、 [ 回復 ] をタップします。
  7. 「 このPCを回復しています ( XX% )」 が表示されます。
    「 再インストール 」 の開始までしばらく待ちます。
  8. 再インストールが開始されます。
    ※ 再インストールは 60 ~ 90 分ほどかかります。
  9. 再インストール完了後、 「 コルタナ 」 とのセッションを通じて以下の 「 Windows の初期設定 」 が開始されます。
    「 選択した言語で続行しますか? 」 が表示されます。
    「 日本語 」 を確認して [ はい ] をタップします。
    「 お住まいの地域はこちらでよろしいですか? 」 が表示されます。
    「 日本 」 を確認して [ はい ] をタップします。
    「 キーボードレイアウトはこちらでよろしいですか? 」 が表示されます。
    「 Microsoft IME 」 を確認して [ はい ] をタップします。
    「 2つ目のキーボードレイアウトを追加しますか? 」 が表示されます。
    一般的にこの設定は不要のため、ここでは例として [ スキップ ] をタップします。
    「 ネットワークに接続しましょう 」 が表示されます。
    ここでは例として [ 接続 ] をタップします。
    接続対象親機 ( A P ) の 「 セキュリティーキー 」 を入力し、 [ 次へ ] をタップします。
    「 Windows 10 使用許諾契約 」 が表示されます。
    内容を確認し、 [ 同意 ] をタップします。
    「 Microsoft アカウントでサインイン 」 が表示されます。
    アカウント名を入力し、 [ 次へ ] をタップします。
    「 パスワードの入力 」 が表示されます。
    パスワードを入力し、 [ 次へ ] をタップします。
    「 PIN を作成します 」 が表示されます。
    [ PIN の作成 ] をタップします。
    「 PIN のセットアップ 」 が表示されます。
    PIN コードを入力 ( 登録用、確認用の2回 ) し [ OK ] をタップします。
    ※ 数字以外を使用する場合は、「 英字と記号を含める 」 をクリックし、チェックマークを付与します。
    [ PIN の要件 ] をクリックし、確認します。
    「 電話と PC をリンクする 」 が表示されます。
    ここでは例として [ 次へ ] をタップします。
    ※リンクを希望する場合は 「 電話 」 番号を入力し、 [ 送信 ] をタップします。
    「 OneDrive でファイルを保護 」 が表示されます。
    [ 次へ ] をタップします。
    「 Cortana をパーソナル アシスタントとして指定します 」 が表示されます。
    ここでは例として [ 同意 ] をタップします。
    「 アクティビティの履歴を利用して.... 」 が表示されます。
    ここでは例として [ はい ] をタップします。
    ※作業の履歴などを他のデバイスで継続する必要がない場合は [ いいえ ] をタップします。
    最後に 「 デバイスのプライバシー設定の選択 」 が表示されます。
    [ 同意 ] をタップします。
    デスクトップ画面が表示され、Windows 10 の再インストール処理が完了します。
    ドライブの暗号化をオンのまま初期化 ( 再インストール ) 手順を開始した場合、再起動の際、以下の TPM 初期化に関する確認メーセージが表示されます。
    回復ドライブ用 USB フラッシュメモリーをパソコンから抜き、「 F12 」 を選択します。

アンケートにご協力ください
ご意見・ご感想をお寄せください

※アンケートに対する回答は行っておりません。
お問い合わせは下記のサポート窓口をご利用ください。

FAQにて解決しなかった場合はこちらまで

弊社製品及び弊社購入製品ご利用にてFAQで解決しなかった場合は、下記へお問い合わせください。
※お問合せの際、【 FAQ番号: を見た 】とお伝えいただければ、スムーズにご案内できます。

パソコンのサポート

サードウェーブサポートセンター
  • 電話番号:03-4332-9193
  • 受付時間:9:00~21:00
お問い合わせの際はパソコンの製造番号をご用意ください。
Diginnos・Prime No.(デジノス・プライム製造番号)について

パーツ周辺機器のサポート ・ Dospara Club Members ・ セーフティサービス

ドスパラ商品コンタクトセンター
  • 電話番号:03-4332-9194
  • 受付時間:9:00~21:00
お問合せの際、通販をご利用の場合はメールに記載のご注文番号、
店舗でご購入の場合はレシートに記載の伝票番号をご用意ください。

メール問い合わせ