USB メモリを使ってパフォーマンスを向上させる方法 (ReadyBoost) ( Windows 8.1 )

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4107
  • 公開日時 : 2017/05/11 18:06
  • 印刷

USB メモリを使ってパフォーマンスを向上させる方法 (ReadyBoost) ( Windows 8.1 )

回答

はじめに

この FAQ について

この FAQ では、USB フラッシュメモリを使ってパフォーマンスを向上させる方法 ( ReadyBoost ) を説明します。
    USB フラッシュメモリの容量をハードディスクのキャッシュとして代用することで、パソコンの動作を速く
    することができます。
この FAQ は、Windows 8.1 Update で作成しています。
Windows 8 や Windows 8.1 ( Update 未適用 ) のバージョンでは、表示される手順や画面が異なることがございます。

バージョンの確認手順は、下記の FAQ を参照ください。

注意事項

  • USB フラッシュメモリによっては、ReadyBoost 機能に対応しないものがあります。
  • パソコンに SSD ( ソリッドステートドライブ ) が搭載されていると、 ReadyBoost 機能が
    利用できない場合があります。
  • 使用するパソコンの環境によって、パフォーマンスの向上度合いは異なります。

操作手順

USB フラッシュメモリを使ってパフォーマンスを向上させる手順 ( ReadyBoost )

  1. パソコンにUSB フラッシュメモリを挿入します。
  2. 「 スタート 」 画面下部に表示された [ ↓ ] をクリックします。
  3. 「 アプリ 」 画面が表示されます。 [ PC ] をクリックします。
  4. 「 PC 」 画面が表示されます。 挿入した [ USB フラッシュメモリのデバイス名 ] を右クリックし、表示された
    一覧から 「 プロパティ(R) 」 をクリックします。
  5. 「 ( USB フラッシュメモリのデバイス名 ) のプロパティ 」 画面が表示されます。
    [ ReadyBoost ] タブをクリックし、次の項目からいずれかをクリックして、 [ OK ] をクリックします。
    • 「 このデバイスを ReadyBoost 専用にする(D) 」 :
      挿入した USB フラッシュメモリの全容量を ReadyBoost 用に割り当てます。
    • 「 このデバイスを使用する(U) 」 :
      「 システム速度のために予約する領域・・・ 」 のつまみを左右に動かして、ReadyBoost 用に割り当てる容量を任意に指定できます。

      ※ ReadyBoostとして割り当てた容量は、ReadyBoostを解除するまでUSB フラッシュメモリに
      保存できるデータの容量として 使用できなくなります。
    ここでは例として、 「 このデバイスを ReadyBoost 専用にする(D) 」 をクリックします。
    下図のようなメッセージが表示された場合、挿入した USB フラッシュメモリは ReadyBoost 機能に対応していません。
    [ OK ] をクリックしたら、以下の情報を参照し、対処を行ってください。
    ※ 挿入した USB フラッシュメモリによって、メッセージは異なります。

    「 このデバイスの場合、 ReadyBoost に使用できません 」 のメッセージが表示されたら、以下の項目を
    確認し、現象が改善されるか確認してください。
    • 挿入した USB フラッシュメモリが ReadyBoost 機能に対応しているか確認し、非対応の場合は対応している
      USB フラッシュメモリに交換する
    • 下記で案内している操作手順を行い、管理ツールから ReadyBoost 機能のスタートアップを有効に
      設定する
      ※ 管理者アカウントでログオンする必要があります。
      ※ 上記画面内に、 「 デバイスのサイズは ( 実容量 ) MBより大きくなければなりません。 」 といった
      メッセージが記載されている場合は、容量の合った USB フラッシュメモリを使用する必要があります。

      ReadyBoost 機能を 「 有効 」 にするには、以下の操作手順を行ってください。
    1. [ スタート ] を右クリックまたは、 [ Windows ] + [ X ] キーを押し、表示された一覧から
      [ コントロールパネル(P) ] をクリックします。
    2. 「 コントロールパネル 」 画面が表示されます。
      「 表示方法 」 が 「 カテゴリ 」 になっていることを確認し、[ システムとセキュリティ ] をクリックします。
      ※ 表示方法がアイコンの場合は [ 管理ツール ] をクリックし、手順 4 へ進みます。
    3. 「 システムとセキュリティ 」 画面が表示されます。
      [ 管理ツール ] をクリックします。
    4. 「 管理ツール 」 画面が表示されます。
      一覧から [ サービス ] をダブルクリックします。
    5. 「 サービス ( ローカル ) 」 画面が表示されます。
      一覧から [ Superfetch ] をダブルクリックします。
    6. 「 ( ローカルコンピューター ) Superfetch のプロパティ 」 画面が表示されます。
      [ 全般 ] タブをクリックし、 [ スタートアップの種類(E): ] ボックスをクリックします。
      表示された一覧から [ 自動 ] をクリックします。
    7. 「 スタートアップの種類(E) 」 ボックスで 「 自動 」 に設定したことを確認したら、 [ OK ] をクリックし、
      パソコンを再起動します。
    8. パソコンを再起動した後、ReadyBoostで利用するUSBドライブの「プロパティ」で [ ReadyBoost ] タブを
      クリックし、 下図のような画面が表示されることを確認してください。
  6. 挿入したUSB フラッシュメモリが 「 ReadyBoost 」 として割り当てられたことを確認します。
    USB フラッシュメモリに割り当てた 「 ReadyBoost 」 を解除するには、手順 5 で [ このデバイスを使用しない(N) ] を
    クリックし、 [ OK ] をクリックします。
      「 ReadyBoost 」 機能を使って予約した領域を変更するには、以下の操作手順を行ってください。
    1. 「 スタート 」 画面下部に表示された 「 ↓ 」 をクリックします。
    2. 「 アプリ 」 画面が表示されます。 [ PC ] をクリックします。
    3. 「 PC 」 画面が表示されます。 「 ReadyBoost 」 機能が設定されている [ デバイス名 ] を右クリックし、
      表示された一覧から [ プロパティ(R) ] をクリックします。
    4. 「(USB フラッシュメモリのデバイス名)のプロパティ 」が表示されたら、 [ ReadyBoost ] タブをクリックします。
      [ このデバイスを使用する(U) ] をクリックし、「システム速度のために予約する領域・・・」のつまみを
      左右に動かすか、ボックスに設定したい数値を入力して、 「 ReadyBoost 」 用に割り当てる容量を
      任意に指定します。 設定が完了したら、 [ OK ] をクリックして画面を閉じます。

アンケートにご協力ください
ご意見・ご感想をお寄せください

※アンケートに対する回答は行っておりません。
お問い合わせは下記のサポート窓口をご利用ください。

FAQにて解決しなかった場合はこちらまで

弊社製品及び弊社購入製品ご利用にてFAQで解決しなかった場合は、下記へお問い合わせください。
※お問合せの際、【 FAQ番号: を見た 】とお伝えいただければ、スムーズにご案内できます。

パソコンのサポート

サードウェーブサポートセンター
  • 電話番号:03-4332-9193
  • 受付時間:9:00~21:00
お問い合わせの際はパソコンの製造番号をご用意ください。
Diginnos・Prime No.(デジノス・プライム製造番号)について

パーツ周辺機器のサポート ・ Dospara Club Members ・ セーフティサービス

ドスパラ商品コンタクトセンター
  • 電話番号:03-4332-9194
  • 受付時間:9:00~21:00
お問合せの際、通販をご利用の場合はメールに記載のご注文番号、
店舗でご購入の場合はレシートに記載の伝票番号をご用意ください。

メール問い合わせ