Windows 7 と Windows 8 / 8.1 のUEFI ( BIOS ) 設定について

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2303
  • 公開日時 : 2014/10/02 13:47
  • 更新日時 : 2016/10/26 13:01
  • 印刷

Windows 7 と Windows 8 / 8.1 のUEFI ( BIOS ) 設定について

回答

はじめに

この FAQ について

この FAQ では、Windows 7 と Windows 8 / 8.1の UEFI ( BIOS ) 設定の方法を説明します。

UEFI ( BIOS ) 設定は各 OS 毎に、設定を行う必要があります。
設定内容は大きく 2 つに分かれ、CSM ( Compatibility Supported Module ) と Secure Boot ( セキュアブート)
の設定を行います。
UEFI 対応 OS 用
Windows 8 / 8.1 64 bitインストールモデル用の設定
UEFI 未対応 OS 用
Windows 8 / 8.1 32 bit、Windows 7 以前の OS モデル用の設定

操作手順

Windows 7 と Windows 8 / 8.1の UEFI ( BIOS ) 設定

それぞれの OS をインストールする際は、パソコン ( マザーボード ) の仕様により、
それぞれ下記の設定を行います。
  • UEFI 対応 OS 用 ( 例:Windows 8 / 8.1 64 bit )

    UEFI 設定
    CSM 無効
    Secure Boot 有効
  • UEFI 未対応 OS 用 ( 例:Windows 7 32 / 64 bit / windows 8 / 8.1 32 bit )

    UEFI 設定
    CSM 有効
    Secure Boot 無効
  • ※ 上記で示す設定は、一般的な設定でありパソコンの構成などにより設定項目は変化します。
CSM の役割
従来の BIOS に変わり、現在のマザーボードには UEFI が搭載されています。
現在の OS の中で UEFI をサポートしているのは Windows 8 / 8.1 64 bit 版以降の対応となります。
そのため UEFI 対応 OS 以外の OS をサポートするために、 CSM を使用して従来の BIOS をエミュレーションする事で対応しています。
セキュアブートの役割
起動時にデジタル署名のあるソフトウェア ( OS など ) 以外を起動できなくする為の技術です。
OS の起動前に実行することで、OS 等によるウイルス対策を回避してしまう悪意のあるソフトウェアを
防ぐことができ、より安全な環境を提供します。
また、デジタル署名は Windows 8 以降の OS に対応しており、セキュアブートを使用する事ができます。

アンケートにご協力ください
ご意見・ご感想をお寄せください

※アンケートに対する回答は行っておりません。
お問い合わせは下記のサポート窓口をご利用ください。

FAQにて解決しなかった場合はこちらまで

弊社製品及び弊社購入製品ご利用にてFAQで解決しなかった場合は、下記へお問い合わせください。
※お問合せの際、【 FAQ番号: を見た 】とお伝えいただければ、スムーズにご案内できます。

パソコンのサポート

サードウェーブサポートセンター
  • 電話番号:03-4332-9193
  • 受付時間:9:00~21:00
お問い合わせの際はパソコンの製造番号をご用意ください。
Diginnos・Prime No.(デジノス・プライム製造番号)について

パーツ周辺機器のサポート ・ Dospara Club Members ・ セーフティサービス

ドスパラ商品コンタクトセンター
  • 電話番号:03-4332-9194
  • 受付時間:9:00~21:00
お問合せの際、通販をご利用の場合はメールに記載のご注文番号、
店舗でご購入の場合はレシートに記載の伝票番号をご用意ください。

メール問い合わせ