自作パソコンが正常に起動しない場合について

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1542
  • 公開日時 : 2010/06/10 15:26
  • 更新日時 : 2017/09/20 12:55
  • 印刷

自作パソコンが正常に起動しない場合について

回答

はじめに

この FAQ について

この FAQ では、自作パソコンが正常に起動しない場合について説明します。

注意事項

下記を承諾いただいた上で、確認していただくポイントを紹介させていただきます。
  • 規格は適合していてもパソコンパーツは組合せが無数無限のため相性発生の可能
    性が稀にあります。
  • 弊社では組み合わせての動作検証を行っていないため、動作の可否についての
    ご相談やサポートは行っていません。
  • 不具合要因がパーツ破損に起因する症状である場合がありますが、パソコン保険
    を除き、パーツの物理破損につきましては保証対象外となります。

解説

パソコンから閲覧できる場合

構成により直接ご参照いただけない場合もございますが、弊社公開の 「 組み立てマニュアル 」 を ご参照のうえ、該当箇所毎に確認を行っていただきます。  

接続ケーブルの確認とパーツ挿し直し

  • CPU は必須として、補助電源供給ケーブル接続が必要なビデオカード、マザーボードの供給コネクタ
    など、各電源供給コネクタが適切に根元まで接続されているか、外して入れなおす作業をお試しくだ
    さい。
  • HDD / SSD / ODD ( 光学ドライブ ) の各ドライブにつきましては通信ケーブルと電源ケーブルの双方の挿し直しをお試しください。
  • メモリーとビデオカードを含む拡張カードは、一度抜いて正しく搭載し直します。

パーツの交差検証

確認例 1: ODD と HDD の接続交差検証
※ 「 ODD 」 = 光学ドライブ、「 M / B 」 = マザーボード の略称です。
  • [ M / B ]
    • SATA ポート [ ODD ] 側端子 → SATA ケーブル [ ODD ] 用 → [ ODD ]
    • SATA ポート [ HDD ] 側端子 → SATA ケーブル [ HDD ] 用 → [ HDD ]
       ↓
      ケーブル接続先を交換・変更
       ↓
  • [ M / B ]
    • SATA ポート [ ODD ] 側端子 → SATA ケーブル [ ODD ] 用 → [ HDD ] に接続
    • SATA ポート [ HDD ] 側端子 → SATA ケーブル [ HDD ] 用 → [ ODD ] に接続
確認例 2: 該当パーツを別スロットに接続して動作確認を行う
  • 現在搭載スロットと同一のスロットがあることが条件です。
  • 主にメモリーの調査に適しています。
  • 複数メモリーを搭載している場合は、片方のメモリーのみにして動作確認を行います。
確認例 3: 各パーツ自体の交差検証
  • 各組み込みパーツの検査において最も信頼性の高い検査方法は、規格上は同一のパーツと
    行う交換・交差検証です。
  • 別途パーツを所有されている場合にお試しいただけます。
メモリーは相性が非常に発生しやすいパーツのため、弊社ではドスパラ会員様に 「 メモリー相性保証 」 を
ご用意しております。
特典豊富な Dospara Club Members に関しては以下をご参照ください。

最小構成で起動

  • 問題特定のために組み込みパーツのうち、最小限起動する構成にして起動確認を行います。
  • 最小構成で問題が無い場合は、追加されたパーツに起因する症状の可能性があります。
  • メモリーを複数搭載で問題が出る場合は、スロット側かメモリー側か一枚ずつの搭載と起動
    で確認します。
    ※ マザーボードに推奨並び必須とする搭載メモリースロット指定がある場合は、そちらに従います。
      詳しくはマザーボードの付属マニュアル ( PDF含む ) をご確認ください。

     例 1: BIOS 起動
    • CPU ( +FAN ) / マザーボード / メモリー ( 1枚のみ ) / 電源
      ※ VGA 無しの場合は VGA 搭載。
     例 2: ドライブ
    • CPU ( +FAN ) / マザーボード / メモリー ( 1枚のみ ) / 電源
      ※ VGA 無しの場合は VGA 搭載。
      ※ HDD や SSD 検査の際は 1台のみ接続。

パソコンケースに入れずに動作確認手順

  1. パソコンケースの金属部にマザーボード基板の金属部が接触することでも動作に問題が発生
    しますので、ケース接触の影響の可能性の排除のため、ケースへ組み入れ前に BIOS が起動する
    最小構成を実施します。
  2. マザーボード、メモリー、CPU、電源ユニットと BIOS 起動の最小構成にて起動を確認し、
    起動した後は他パーツの追加を1つずつ試します。
    その後、問題が無ければパソコンケースへ組み入れます。

放電作業

余分な電荷が溜まっている場合は放電で直ることがあります。
  • 電源ケーブル含めて外した状態で電源ボタンを 10秒前後長く押し、その後パソコン自体を
    半日以上放置してから復旧と起動を試します。

電源や接続環境の見直し

電源接続、設置環境の見直しに関するご提案です。
下記に要点をまとめましたのでご確認ください。
  • タコ足配線 ( OA タップ、延長ケーブル含む )
    対策
    動作確認のため禁止。
    壁のコンセント直接の接続確認
  • 外部家電による電力不足 ( 壁コンセント接続時に発生の場合 )
    対策
    一時的に他家電を停止又は遠ざけたコンセントへ接続
  • 外的電磁波による影響 ( 無通電の機器も含む )
    対策
    隣接設置禁止。
    パソコン近くに家電を置かない、又は環境を移動
各項目の実施理由や詳細に関しての参照 FAQ

CMOS クリア

組み立て直後は BIOS 設定のクリア作業をお勧めしております。
マザーボードにより異なりますが、以下の方法があります。
  1. 電源接続と通電が無い状態でマザーボード基板上のボタン電池を外して電源ボタンを押し、30分から半日程放置してから入れなおす。
  2. マザーボード基板上のジャンパピン設定。
  3. 設定リセットや CMOS クリア専用ボタンを押す。

CMOS クリア作業完了後の手順

  • CMOS クリア作業の完了後、正常起動時に 「 CMOS checksum error 」 等の表示が出た
    ら BIOS を再設定します。
  • BIOS バージョンにより表示項目が異なりますが、BIOS 操作は基本、キーボードのみで
    主な操作方法は以下の通りです。
    • [ ↑ ↓ → ← ] で選択
    • [ Enter ] で決定
    • [ ESC ] でキャンセル
    1. [ Delete ] キーを押して BIOS の 「 セットアップ 」 画面に入ります。
    2. [ Load Optimized Defaults ] または [ Load To Defaults ] を実行。
    3. [ Standard CMOS Features ] 又は [ Main ] で 「 日付 」 と 「 時刻 」 を修正。
    4. BIOS 設定を行った後、[ F10 ] キーを押して [ Y ] を選択するか、[ Save & Exit Setup ]
      または [ Exit & Save Changes ] の項目を選択し、設定を保存してパソコンを再起動します。

動作確認ユーティリティ

別途パソコン環境をお持ちの場合にご参照ください。
  • 弊社にて検証修理をご依頼いただいた際に、検査に利用しておりますツールを
    以下 FAQ にてご紹介しております。
    ※ ご利用方法はサポート外となります。
  • ツール 「 memtest86+ 」
    弊社のメモリー検査工程でも用いております検査ツールです。
    BIOS までは起動する、OS は起動してもエラーが頻発する場合などに使用します。

問題箇所が特定できたら

  • 下記の弊社ドスパラ商品コンタクトセンターまでお早めにご連絡ください。
  • 初期不良対応期間超過後は、弊社保証に基づきメーカー修理依頼となります。
    ※ 初期不良対応期間は通常 1 週間 ( ドスパラメール会員様は 1 ヶ月 ) です。
  • 焼損を含む製品の物理破損発生時、または弊社保証期間超過後は承れませんので予めご了承
    願います。

アンケートにご協力ください
ご意見・ご感想をお寄せください

※アンケートに対する回答は行っておりません。
お問い合わせは下記のサポート窓口をご利用ください。

FAQにて解決しなかった場合はこちらまで

FAQで解決しなかった場合は下記へお問い合わせください。
※お問合せの際、【 FAQ番号: を見た 】とお伝えいただければ、スムーズにご案内できます。

パソコンのサポート

デジノスサポートセンター
  • 電話番号:03-4332-9444
  • 受付時間:9:00~21:00
お問い合わせの際はパソコンの製造番号をご用意ください。
Diginnos・Prime No.(デジノス・プライム製造番号)について

パーツ周辺機器のサポート ・ Dospara Club Members ・ セーフティサービス

ドスパラ商品コンタクトセンター
  • 電話番号:03-4332-9194
  • 受付時間:9:00~21:00
お問合せの際、通販をご利用の場合はメールに記載のご注文番号、
店舗でご購入の場合はレシートに記載の伝票番号をご用意ください。

メール問い合わせ